新型コロナ渦で別れたい、別れさせたい

復縁のために別れてほしい、別れたい、やり直したい

別れさせ屋のエキスパート - 別れさせ屋株式会社

相談無料 思い悩むときまずは
ご相談ください!

別れさせる為に何が出来るのか
24時間無料・匿名
ご相談いただけます

未来のために、別れさせたい、別れたい

浮気相手や不倫相手からあなたの大切な人を取り戻したい。
未来のために二人を別れさせたい。やり直したい。
復縁のために別れさせ屋には、出来ることがあります。

別れさせ屋のエキスパート。別れさせ屋株式会社。相談は無料です。別れさせのため、まずはご相談ください。別れさせ屋はその想いを「矛」に相手を別れさせます。0120-488-868 別れさせ工作の専門会社。24時間無料でご相談いただけます。

あなたの「別れさせたい」という気持ちを実行します。

浮気相手や不倫相手からあなたの大切な人を取り戻したい。
未来のために二人を別れさせたい。

別れさせ屋株式会社は、そのために出来ることがあります。
無料相談窓口まで、ご相談ください。

別れと復縁の無料相談窓口

本当に別れさせたいと想う方のために。

別れさせ屋(別れさせ工作) » 離婚したい・別れたい » DV・モラハラ被害による離婚は「別れさせ屋」にお任せください

別れさせ屋株式会社 DV・モラハラ被害による離婚は「別れさせ屋」にお任せください

配偶者からの暴力(DV)やモラルハラスメントの相談件数は増加の一途を辿っていますが、すぐに離婚を実現させるシステムは整っていません。こうした現状を受け、弊社別れさせ屋では配偶者から暴力や精神的攻撃を受ける被害者のための別れさせ工作も行っています。

そもそもDV・モラハラとは

配偶者から暴力被害を受けている方の中には、被害の自覚がなく「何となく一緒にいると辛い」と悩む人も多く見られます。無自覚に暴力を受け続けると、いずれ被害回復が難しい状況に陥り、離婚できても先々の人生を台無しにしてしまいます。

厚生労働省では、様々な形態の暴力をまとめて「ドメスティック・バイオレンス」と呼び、以下のような定義付けを行っています。1つでも心当たりがあれば、被害認識を持ってよいと考えて問題ありません。

●身体的なDV

もっとも一般的な物は、殴る蹴るなどの暴力です。
引きずりまわすなどの、行為の他、物を投げるや、目の前でものを壊す、壁を叩くなど恐怖を与えるすべての行為も含まれます。

●精神的なDV

知らない方が多くいらっしゃるのが、精神的なDVです。 大声でどなる。 人前で侮辱もしくは命令する。 無視をして口をきかない。 大切にしているものを壊す・捨てる。 実家や友人から来た連絡を細かくチェックしたり制限する。 人間関係を遮断するため仕事をやめさせようとする。 あなたの心を削り取っていくような、言葉や行為の制限がDVとなります。

●性的なDV

夫婦や恋人であっても、性行為には同意が必要です。
夫婦や恋人だからと、望まない性行為を強要されるのは明確な犯罪行為となります。
嫌がっているのに性行為を強要する。などの他、避妊をお願いしても応じてくれない。
中絶を強要する。なども性的なDVとなります。

●経済的なDV

生活費を渡さない。十分な収入があるのに生活が困難な極端な支出制限をする。

 

DV・モラハラ対策の現状

DV・モラハラ対策に有効なものはない

DVやモラハラを行う相手は、自分の行動を変える見ることなく、自分の正当性を主張します。
しかし、どんな理由があろうと、肉体的暴力を正当化することは出来ませんし、精神をむしばむような言葉を繰り返し言うことは、愛した人に対しての行動ではありません。

こうした、行為を根本的に無くし、あなたに取っても本当の正しい人生を歩むために、離婚して連絡を遮断する他ありません。行政ではさまざまな支援を行っていますが、そもそも解決にならない方法や、解決まで時間がかかるような方法ばかりです。

●交番やシェルターへの避難

交番は避難できても数時間から数日程度です。DV被害者向けのシェルターに避難できるかどうかは受け入れ状況次第です。

●被害届の提出

身体的もしくは性的暴力は傷害罪に問える可能性がありますが、確実ではありません。警察によって対応に大きな差があり、「家庭内問題は自分達で解決してほしい」と言われるなど、本来届け出られる状況であるにも関わらず断られる例も相次いでいます。

●接近禁止令

配偶者暴力防止法に基づく6か月間の接近禁止は地方裁判所で、ストーカー規制法に基づく警告や命令には警察署でとのように対応してもらう必要があります。いずれも医療機関の診療記録などが必要になり、手続きに時間がかかる上、それまでの間、相手の暴力に耐えなくてはなりません。

さらに、DVやモラハラ被害が示す通り「話し合える状況にない」夫婦でも、離婚するときは通常の手順通り「協議」や「離婚調停」を行わなければなりません。どちらも相手が応じなければ無意味です。
以上のように、配偶者から被害を受けている人について、根本的に問題を解決できるような仕組みがまったく整っていないのが現状です。

別れさせ屋のDV・モラハラ対応

別れさせ屋によるDV&モラハラ問題の解決策とは

別れさせ屋株式会社は「別れたい」もしくは「別れさせたい」相手に接近し、自然なコミュニケーションを通じて自発的に別れるよう促すサービスを行っています。これまで配偶者との関係に悩む方の問題解決を多数お任せいただき、その多くが円満離婚へと至っています。

弊社がDV・モラハラ問題で最重要視しているのは「ご依頼主の被害を拡大しない」ことです。
家庭内暴力の加害者は、そのほとんどが強い執着心を持っています。うかつに「離婚」「別れ」などというキーワードを出せば、必ず激しく抵抗され、その矛先が被害者に向かうでしょう。また、加害者の多くは懐疑心が強く、別れさせ工作に気付かれてしまう可能性も否めません。そうした場合も、やはり被害者に矛先が向きます。
以上のような失敗を避ける上では、人物分析(生育環境・交友関係・家族関係・DV歴など)を徹底的に行い、加害者が心を許すような親密な関係を工作員に構築させることが大切です。

なお、弊社ではいわゆる「ハニートラップ」は行いません。公安委員会に認められた法人として、公序良俗に抵触するような工作活動は徹底的に避け、ご依頼主様が非難される立場になってしまう失敗を防いでいます。

DV・モラハラは早めのご相談を

DV・モラハラ問題は早めにご相談ください

配偶者による暴力は日を追うごとに激化します。お子様のいる家庭では、両親の暴力行為を目撃することによる心身発達への影響も見過ごせません。
これ以上悩む前に、まずは別れさせ屋株式会社へご相談ください。

別れさせ屋・無料相談窓口

料金は契約後にしか発生しませんので、安心してご相談ください。
別れさせ屋では24時間無料でご相談が可能です
別れさせ屋
24時間相談可能
別れさせ屋へのご相談は匿名でOKです
匿名での
ご相談OK
別れさせ屋ではご相談者ごとのプランをご提案
ご相談者専用プラン
別れさせ屋での面談時にご要望により弁護士同席可能
弁護士
同席可能
別れさせ屋へメールフォームでお問い合わせメールフォームでお問い合わせ
相談
無料
女性専用ダイヤル0120-055-501 男性専用ダイヤル0120-222-268
配偶者からの暴力(DV)やモラルハラスメントの相談件数は増加の一途を辿っていますが、すぐに離婚を実現させるシステムは整っていません。こうした現状を受け、弊社別れさせ屋では配偶者から暴力や精神的攻撃を受ける被害者のための工作も行っています。

別れさせ屋株式会社

探偵業届出登録番号 第30170261号
代表フリーダイヤル:0120-488-868
代表電話:03-5969-1815(海外通話対応)
本社 〒151-0071 東京都渋谷区本町5丁目15番22号

別れさせ屋株式会社は、不倫問題、浮気問題、DVやストーカーなどの解決のために、別れさせ工作の専門会社として全国の各地域で夫婦や恋人達の不倫・浮気問題の解決サポートを行っています。別れさせ屋株式会社は深夜や年末年始も24時間受付中・対応可能です。

別れさせ屋®、別れさせ工作®は、別れさせ屋株式会社の登録商標です。

北海道・東北 | 関東 | 信越・北陸 | 東海 | 近畿 | 中国 | 四国 | 九州・沖縄 | 全国主要都市 | 海外対応

Copyright© 別れさせ屋株式会社 All Rights Reserved.