別れさせ屋公式サイト
別れさせ工作のエキスパート – 別れさせ屋株式会社|探偵業届出登録番号 第30170261号

別れさせ屋のエキスパート - 別れさせ屋株式会社

相談無料 思い悩むときまずは
ご相談ください!

別れさせる為に何が出来るのか
24時間無料・匿名
ご相談いただけます

未来のために、別れさせたい、別れたい

浮気相手や不倫相手からあなたの大切な人を取り戻したい。
未来のために二人を別れさせたい。
そのために出来ることがあります。

別れさせ屋のエキスパート。別れさせ屋株式会社。相談は無料です。別れさせのため、まずはご相談ください。別れさせ屋はその想いを「矛」に相手を別れさせます。0120-488-868 別れさせ工作の専門会社。24時間無料でご相談いただけます。

あなたの「別れさせたい」という気持ちを実行します。

浮気相手や不倫相手からあなたの大切な人を取り戻したい。
未来のために二人を別れさせたい。

別れさせ屋株式会社は、そのために出来ることがあります。
無料相談窓口まで、ご相談ください。

別れさせ屋無料相談窓口

本当に別れさせたいと想う方のために。

別れさせ屋(別れさせ工作) » 別れさせ屋の別れさせ工作とは » 別れさせ屋コラム » 「別れさせ工作」の実態と危険な恋愛事件 ⑦

別れさせ屋が明かす… 「別れさせ工作」の実態と危険な恋愛事件 ⑦

別れさせ屋株式会社で対処させていただくご依頼には、どんなケースでも熟練の調査員・工作員すら驚きを禁じ得ない衝撃的な実態が隠されています。
ここで紹介するのは、Aさん(女性/36歳/フリーランス)からいただいた解決済みのケースです。

※プライバシー保護・機密漏洩防止のため、一部情報は伏せてお伝えします。

別れさせ屋へのご相談内容

キャバクラ通いの夫に悩む別れさせ相談

ご結婚9年目になる妻のA子さんは、1年前から始まったご主人Bさんのキャバクラ通いに悩まされていました。きっかけはBさんの昇進の際に開かれた勤務先の飲み会で、このとき“夜遊び”を初めて知ったとのことです。
Bさんは次第にAさんに嘘をついてでも接待のあるお店へと通うようになり、A子さんにとって到底目こぼししがたい状況に陥りました。そしてあるとき、自宅に消費者金融から督促の電話がかかってきたことで、Bさんの夜遊びが深刻な事態を招きつつあることに気づかれたそうです。

A子さんは督促の電話があったことをBさんに打ち明けず、状況把握のためにBさんの所持品をこっそりと調べました。すると、アクセサリーショップや女性物の下着店のレシートが大量に出てきたそうです。それがお気に入りの女性へのプレゼントであることを察知したAさんは、さらにBさんのスマートフォンを確認しました。すると、Cと名乗る女性との親密なメッセージのやりとりが出てきたそうです。

Aさんはその日のうちにBさんと話し合いの場を持ち、Cさんとの関係については言及せず、借金の事実について問い詰めました。すると「自己破産する予定だ、迷惑はかけたくないので離婚する」と思い詰めた表情で返答されたそうです。
Bさんは初めから借金返済に協力するつもりでした。その上で「借金問題がきっかけでキャバクラ通いを辞めるだろう、そうすればCさんとの関係も切れる」と状況を楽観視されていたそうです。 しかし、翌日のことでした。Bさんは自らCさんの存在を打ち明け、さらに「借金問題はCさんに解決してもらうので今すぐ離婚してほしい」と突っぱねるように言ったそうです。
Bさんは予想外の事態に動転し、その日のうちに弊社にご相談いただきました。

●ご相談時点での当事者相関図
ご依頼者様(A子さん):妻/36歳/フリーランス
ターゲット1(Bさん):夫/38歳/会社員
ターゲット2(Cさん):浮気相手/キャバクラ勤務

 

ご相談における最終的な要望

AさんはBさんの二重の裏切りに遭ったにも関わらず、離婚する気はないと断言されました。大学生の頃からの付き合いであり、互いの存在が不可欠だと確信されていたようです。

●ご依頼主様の要望
・夫(Bさん)と不倫相手(Cさん)を別れさせたい。
・Cさんとのあいだで、慰謝料支払いと接近禁止条項の約束を取り付けたい。

 

別れさせ屋による調査結果

ヒアリング内容から「B・Cの関係はすでに枕営業のラインを越えている」と判断し、まずは弊社在籍の調査員のなかでも実績に優れた者を派遣しました。
調査の結果、CさんはすでにBさんと同居する予定の住まいを借りている事実・勤務先であるキャバクラの退店を予定している事実など、弊社の分析を裏付ける客観的証拠が多数確認できました。
ご依頼主Aさんは慰謝料請求をご検討されているため、住所・予測される収入額などの詳細をまとめた上で報告いたしました。

 

ご相談者様の反応

Aさんは報告時も終始冷静さを保っておられ、すぐに慰謝料請求に踏み切らず別れさせ工作を入念に行うべきだとの考えを自ら仰ってくださいました。
Cさんのからの支払いの実現性を考慮し、退店前に別れさせるプランをご提案したところ、全面的に同意する旨をお聞かせいただきました。

 

別れさせ屋による別れさせ工作の実施

キャバクラ通いの夫の浮気解消工作の実例

Cさんの異性への耐性は職業上高いものと想定し、工作員選定は慎重に行いました。別れさせ工作の主軸となる接近役のスタッフは別タイプで2名用意し、最初に接近して反応があった方のスタッフの活動をもう1名がフォローする形でプランを進めています。

結果、Cさんはキャバクラの退店予定を取り消し、さらに工作員との生活を期待して新居の計画まで変更するに至っています。
一方のBさんは、Cさんから厳しい一言とプレゼントの返却があったことで、目が覚めたようです。Aさんに謝罪があったと報告を受けています。

 

その後どうなったのか

キャバクラ店員と夫の関係を別れさせ屋で解消させた後日談

別れさせ工作を完了させると同時に、ご依頼主Aさんは代理弁護士とともに慰謝料請求を開始されたそうです。総額200万円の支払いを内容に含む公正証書を作成し、法的にB・C間の接近が許されなくなりました。
AさんはBさんとも法的文書を交わされ、夜の店に通わないこと・代わりに清算した借金を少しずつ返すことを取り決められたそうです。ご夫婦の関係が元通りになるには時間がかかる、そのようにおっしゃっていました。

 

別れさせ屋スタッフより

夫婦それぞれに価値観があるとは言え、夫のキャバクラ通いは妻にとって気分の良いものではありません。“枕営業”に至っては、到底容認できないものです。
近年は夜の飲食業で勤める女性のプロ意識が下がり、ビジネスと恋愛感情のあいだに一線を引かないケースも多く見られるようになりました。 別れさせ屋株式会社では、夫の夜遊びを止めきれず悩んでいる方へ、実効力のあるサポートを行っています。是非お気軽に24時間窓口までご相談ください。

別れさせ屋株式会社では、不適切な関係を持つ当事者の心理を細かく分析し、ご依頼人様ごとに最適な別れさせプランを提案しております。
是非お気軽に24時間窓口までご相談ください。

別れさせ屋・無料相談窓口

料金は契約後にしか発生しませんので、安心してご相談ください。
別れさせ屋では24時間無料でご相談が可能です
別れさせ屋
24時間相談可能
別れさせ屋へのご相談は匿名でOKです
匿名での
ご相談OK
別れさせ屋ではご相談者ごとのプランをご提案
ご相談者専用プラン
別れさせ屋での面談時にご要望により弁護士同席可能
弁護士
同席可能
別れさせ屋へメールフォームでお問い合わせメールフォームでお問い合わせ
相談
無料
別れさせ屋株式会社で対処させていただくご依頼には、どんなケースでも熟練の調査員・工作員すら驚きを禁じ得ない衝撃的な実態が隠されています。ここで紹介するのは、Aさん(女性/36歳/フリーランス)からいただいた解決済みのケースです。

別れさせ屋株式会社

代表フリーダイヤル:0120-488-868
代表電話:03-5969-1815(海外通話対応)
本社 〒182-0002 東京都調布市仙川町一丁目九番地39

別れさせ屋株式会社は、不倫問題、浮気問題、DVやストーカーなどの解決のために、別れさせ工作の専門会社として全国の各地域で夫婦や恋人達の不倫・浮気問題の解決サポートを行っています。別れさせ屋株式会社は深夜や年末年始も24時間受付中・対応可能です。

別れさせ屋®、別れさせ工作®は、別れさせ屋株式会社の登録商標です。

北海道・東北 | 関東 | 信越・北陸 | 東海 | 近畿 | 中国 | 四国 | 九州・沖縄 | 全国主要都市 | 海外対応

Copyright© 別れさせ屋株式会社 All Rights Reserved.